地理科学学会
サイトマップ


会     告
                         
地理科学学会会長 由井義通 
2020年度秋季学術大会のお知らせ

地理科学学会では,下記の通り2020年度秋季学術大会(第37回シンポジウム及び一般発表)を開催いたしますので,多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。なお,新型コロナウィルス感染防止のため,従来とは参加方法を大きく変えております。今大会では巡検および懇親会は実施いたしませんので,あらかじめご了承下さい。


1)シンポジウム(発表や討論は英語で行います)

テーマ:Tourism Transformations: Resilient Islands and Revitalized Communities

観光の変容:回復力のある島と活性化されたコミュニティ

日 時:20201128日(土)11501730

参加方法:会場への来場もしくはzoomでの参加(申し込み方法は後述)

会 場:広島大学中央図書館ライブラリーホール(東広島市鏡山1-2-2

http://opac.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/maps/higashihiroshimamap.png

参加費:無料

オーガナイザー: Carolin Funck(広島大学), Rie Usui(広島大学), Alan A. Lew (Northern Arizona University, USA), Joseph M. Cheer(和歌山大学)

趣 旨:

This symposium examines the relationship between tourism and the resilience and revitalization of island environments and island communities.
Islands command a strong position in tourism due to their special environmental and cultural appeal. However, they are also vulnerable due to their isolation from large continental resources and connections. When global and regional economies and social conditions are healthy, tourism tends to be strong and supportive of island-based tourism economies. Under such conditions, island communities may feel a sense of revitalization and strong resilience. But when regional and global conditions are weak, for whatever reason, island tourism economies will often be among the first to suffer, thereby coming to realize their resilience challenges as they seek revitalization.
The COVID-19 pandemic has, in many ways, made the entire planet earth an island of shared challenges. How the planet responds to, and recovers from, this crisis has lessons for how smaller island environments and communities can better manage their limitations and opportunities. This symposium will draw upon examples from Japan and other Asian countries to examine how island tourism and tourism communities have been affected by, responded to, and ultimately been transformed by significant changes – global ones such as the COVID-19 pandemic or local and regional changes. 
The symposium will contribute to the understanding of the multiple links between tourism and islands - how tourism on small islands might adjust to unfolding crises, how tourism can act as a tool for revitalizing small island communities and how small islands should adjust to changing tourism and travel dynamics.

プログラム:

Introduction 11:50-12:00 Dr. Carolin Funck (Hiroshima University, Japan)

Paper Presentation- First session

12:00-12:30 Dr. David Nguyen (National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (NIED), Japan; Tohoku University, Japan): Ogasawara Islands: Sustainability versus Resiliency

12:30-13:00 Dr. Chin-Cheng (Nickel) Ni (National Tsinghua University, Taiwan): Impact and Resilience of Island Tourism under COVID19 —Lesson Learned from Taiwan Island

13:00-13:30 Dr. Shenglin Chang (National Taiwan University, Taiwan): Could Blockchain technology transform the Lanyu Island tourist industry into resilience for the Tao culture and society?

13:30-14:00 Dr. Rie Usui (Hiroshima University, Japan): Island tourism resilience in the case of wildlife tourism destinations

Comment for the first session 14:00-14:10 Dr. Alan A. Lew (Northern Arizona University, USA)

Short Break 14:10-14:30

Paper Presentation- Second session

14:30-15:00 Andrew McCormick (Hiroshima University, Japan) and Meng (Mo) Qu (Hiroshima University, Japan): Community resourcefulness under pandemic pressure: Japan's island tourism entrepreneurs

15:00-15:30 Yao (Nancy) Ji (Keio University, Japan): Community resiliency in times of crisis: the case of Kamijima

15:30-16:00 Dr. Macia Blazquez Salom (University of the Balearic Islands, Spain): How resilient are insular mono-functional tourism territories? Analysis of the Balearic Islands, Spain

16:00-16:30 Dr. Stroma Cole (University of the West of England, British): Island Tourism and Covid-19: a gender perspective.

Comment for the second session 16:30-16:40 Dr. Joseph M. Cheer (Wakayama University, Japan)

Final Discussion 16:40-17:20 (40 mins)

Closing Remark 17:20-17:30 Dr. Carolin Funck (Hiroshima University)


2)一般発表

日 時:20201129日(日)

会 場:広島大学教育学部K201(東広島市鏡山1-1-1

発表申し込み:メールによる申し込み(後述)

参加方法:会場への来場もしくはzoomでの参加(後述)

参加費:無料

注意事項

 *春季学術大会の中止に伴い行うもので,今年度のみの予定です。

 *ポスター発表は今年度行いません。口頭発表のみです。

 *今年度優秀発表賞は行いません。


3)シンポジウム・一般発表の参加申し込み方法

申し込み方法:参加を希望される方は,下記フォーマットをコピー&ペーストして,地理科学学会集会メール(shukai@chiri-kagaku.jp)までお申し込みください。参加者は必ず事前申し込みが必要です。会場への来場を希望される方は,中国地方在住の方に限らせて頂きます。コロナ感染拡大の状況によっては会場での開催を中止してzoomのみで行う場合があります。

注意事項

・参加申し込みの締め切りは,10月末を予定しています。

・一人一通での申し込みをお願いします。

zoomによる参加の定員は,発表者を含めて300名以下となります。先着順で受け付けます。ただし地理科学学会会員向けに定員とは別に確保しております。

・会場では感染のリスクを軽減させるため,会場定員の半分程度の入場者を予定しております。

・会員控え室は用意いたしません。

・コロナウィルス感染拡大などの状況や大学の警戒レベルによっては,会場での開催を取りやめ,zoomによる参加のみとなる場合があります。その場合,会場参加希望者もzoomでの参加は可能です。

申し込み用フォーマット

--------------------------------下記をメール本文にコピペしてください

 20201128日・29日の地理科学学会秋季学術大会への参加を申し込みます。

・( シンポジウム ・ 一般発表 )に参加します

#どちらかのみの参加を希望される場合は不参加の方を削除してください

・( 会場 ・ zoom )で参加します

#希望される方を残し,他方を削除してください

・氏名

・住所       (都・道・府・県)       (市・町・村)

#市町村以下の情報は不要です

-----------------------------------コピペ終わり


4)一般発表の発表申し込み方法

申し込み方法:一般発表を希望される方は,下記フォーマットをコピー&ペーストして,地理科学学会集会メール(shukai@chiri-kagaku.jp)までお申し込みください。会場での発表を希望される方は,中国地方在住の方に限らせて頂きます。発表申し込みの締め切りは2020109日(金)です。

-------------------------------下記をメール本文にコピペしてください

 地理科学学会秋季学術大会の一般発表を申し込みます。

 ・発表者・所属(共同研究発表の場合,全員の氏名・所属が必要です。)

・筆頭発表者のE-mail

・発表題目

・( 会場 ・ zoom )で発表します

#希望される方を残し,他方を削除してください

・住所       (都・道・府・県)       (市・町・村)

#市町村以下の情報は不要です。

-----------------------------------コピペ終わり

 
お問い合わせ先
地理科学学会 集会専門委員会
〒739-8522 東広島市鏡山1-2-3 
広島大学大学院文学研究科地理学教室内
TEL:082-424-6656 FAX:082-424-0320
shukai@chiri-kagaku.jp

地理科学学会